写真は哲学のようなもの

写真はより良い人生を送るための哲学の様なもの。 衣食住やインフラのように生活必需品ではないので、安全性を問われるものでもない。 また、医療や報道などの特別な分野を除いて、正確さや緻密さも必要としない。 既成概念という目には見えない縛りから心や感性を解放するためのモノであり、より自由で豊かな人生を送るためのツール(哲学)と考える。

「写真は哲学のようなもの」 https://tetsurohigashi.com/

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中