信仰と現実

対立というのは、互いの存在を認め合っている状況なので、

話し合えば、歩み寄る余地がある。

ところが、

分断は、どちら側にも”正義”があり、

互いに否定的であり、歩み寄る余地がない。

もちろん、落し処もない。

・・このことは、

リアルタイムに進行するアメリカの状況を見ていてのこと。

「不正は許さない」というのは”信仰”であり、

「不正も致し方ない」というのは”現実”です。

人が生きていくとき、

”信仰”に基づいて道を選ぶか?

”現実”を直視して立ち回るか?

大統領選のように二者択一を強いられると、

結果として、分断を招きます。

”信仰”と”現実”は互いに遠ざけ合う概念なので、

歩み寄る余地がない。

今後、保守とリベラルという政党形態は崩れるでしょう。

共和党にも民主党にも、

”信仰”で生きる者、”現実”に生きる者はいるからです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中