年の利

「年の功」とは言わずに、「地の利」を混ぜ合わせて、

「年の利」としてみました。

歳をとれば巧みになるということはウソっぽいので、

有利になる話とか、都合が良い話をしましょう。

これから歳をとる人は儲かったと思う方がよいです。

忘れっぽくなるので、嫌なことをいつまでも引きずることもない。

アート活動においては、次から次へと忘れていくので、既成概念ができにくく、

常に新鮮で、モノ創りに励める。

(若いころはどんどん学んでいくので、すぐに上手くはなるが、

物事の大切な部分・本質を見過ごすので、無駄に時間を過ごしやすい)

70年、生きてこれたので、後のことはオマケの様なもので、

怖いものが無くなる。

痛い思いはしたくないけど、死を恐れることはなくなりました。

・・ということは、”人格”さえ守れれば、後のことはどうでも良いこと。

したい事をし、生きたいように生きれば良い。

”幕引きは自分でする”と決めておけば、老後の不安もなくなる。

仕事柄、また、写真家をしていると、若い人との付き合いも増える。

色々と相談されることもあるが、じっくり話を聞くことだけで、

それ以上のことはできないし、よい答えなどあろうはずもない。

僕は、自分の人生でさえ省みない”暴走”人間だから・・

僕はあと10年生きればよいことですが、

あと50年生きなければならない人たちは大変だと思います。

長い未来を想定することは、迷いもあるし、不安もあります。

僕には一つだけ「正解」がありました。

周囲がどう思おうが、自分の好きなように生きてきたこと・・

それだけ。

投稿者: Tetsuro Higashi

I was born and brought up in Tokyo Japan. Now I teach mathematics . At age 20 I took up painting. I took up taking photos before 5 years. I have learned taking photos by myself . I grew up while watching ukiyo-e and have learned a lot from Sandro Botticelli , Pablo Picasso. Studying works of Rembrandt Hamensz . Van Rijn, I make up the light and shadow. * INTERNATIONAL PHOTO EXPO 2015 / 26 February ~ 31 March Piramid Sanat Istanbul, Turkey * World Contemporary Art 2015 Nobember Piramid Sanat Istanbul, Turkey * Festival Europeen de la Photo de Nu 06 ~ 16 May 2016 Solo exposition at palais de l archeveche arles, France *2016 Photo Beijing 13~26th October *Sponsored by Tetsuya Fukui 23 February - 02 March 2019 Cafe & Bar Reverse in Ginza,Tokyo,Japan *Salon de la Photo de Paris 8th – 10th – 11th 2019 directed by Rachel Hardouin *Photo Expo Setagaya April 2020 in Galerie #1317 *Exhibition NAKED 2020 in Himeji    Produce : Akiko Shinmura      Event Organizer : Audience Aresorate December 1th ~ 14th  2020

“年の利” への 3 件のフィードバック

  1. I’ll be 70 Jan 21st. I never feared life, even 21yrs in the military and I will not fear death. So many revelations awaiting , beauty on a higher plane, warmth and joy unimagined.

    いいね: 1人

コメントは受け付けていません。