写真のライティング

自然光の中では、そのもの持つ形状が形をつくるように見えますが、

上の画像のように、真っ暗闇の中で一灯で撮影すれば、

光が人物の形を創造するすることが分る。

元のモデルの体型がどうであれ、

光の当て方によって、どうにでも変わる。

”どうにでも変わる”という言い方は間違いで、

モデルの持つ個性を様々に、

また、無限の形状に捉えることが出来る。

model : Miku . I.

撮影のライティング:https://tetsurohigashi.com/%e6%92%ae%e5%bd%b1%e3%81%ae%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0/

モノクロで撮る場合と色彩を入れて撮る場合とでは、

撮影のライティングには、当然のことながら、根本的な違いでてくる。

少し理屈っぽくなるが・・・

モノクロでは、明度が同じ2色の色が並んでいたら、

同様な色(たぶん、グレー)と認識し、

その部分は一律なグレーとなる。

ところが、彩度が入ってくれば、明度が同じであっても、

その差ははっきりと区別がつく。

ですから、本当に難しい撮影はモノクロなのです。

光の強さだけを見極める目を持たないと

思い通りの撮影は出来ません。

でも、逆のことも言えます・・

”色彩音痴”でも、モノクロならどうにでも絵になる。

上の2枚は、色彩コントロールがとても上手くいってると思います。

モノクロ写真撮影では

カメラ側のコントラストを強めにすると良いと思う。

撮影のライティング:https://tetsurohigashi.com/%e6%92%ae%e5%bd%b1%e3%81%ae%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0/

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中