ロジカルなアプローチ

ロジカルなアプローチ

私が2016年のフランス・アルルの展示会に招待されたとき、

「自己紹介・プロフィール」には、

作品へのロジカルなアプローチを記するようになってました。

また、同年に北京の写真祭に招待されたときも同様でした。

アルルでは、メディアからそのアプローチを問われたし、

北京では、多くの学生から質問攻めにあいました。

また、EUの雑誌にはロジカルな評価(批判)が載ってましたが、

フランス語であることから、僕には良く理解できませんでした。

現在の教育体制下では・・ 教える側も教わる側も、

「ロジカルなアプローチを学び、それらを出力する手段を学ぶこと」

が、教育の在り方だと信じてるようですし、実際に行われている。

(皆で合意できれば安心なのでしょうが、悲しい未来だけが待っている)

一生懸命勉強することが教養の基盤にはなるのでしょうが、

その努力が報われる(お金や地位が保証される)ことはないと思われます。

なぜなら、(ロジカルなアプローチは)AIにとって換わられるからです。

大切なことは・・

感性・センス・鑑賞眼を養うことです。

”頂上”が見えない(感じない)ことにはアプローチのしようもないことです。

ロジカルなアプローチで頂上(普遍的価値観など)が

分かってくる(見えてくる)というのは多分に”ウソ”です。

AIの出現によって、「学ぶこと」が「生きること」に

繋がらないようになってきました。

上の画像に関しては、

ロジカルなアプローチなどは全くありません。

見えたまま、感じたままです。

コメントは受け付けていません。