Body Painting

Body Painting

人肌の上に「Body Painting」

初めてキャンバスの上に筆を走らせたときの感動を覚えてますか?

筆がちょっと柔らかく沈むような”贅沢”を覚えているでしょう。

ところが、人肌となれば別次元!

場所によって柔らかさが違う、体温を感じる、モデルの息使いも。

その上、平面ではなく立体。

二時間弱で描き終え、すぐに撮影に入る。

のせた絵の具が乾いていけば色あせてぽろぽろと落ち始める。

創作は、スタジオ内でモデルと僕の二人だけ。

筆を使ってるとはいえ、撫でるように全身を筆が走る。

最後はモデルのポージングで決まる。

モデルと僕のコラボレーション。

大切なのは、相互の信頼関係。

ちなみに、絵具は毒性のない子供用を使う。

全くのヌードの状態から描くので、”あそこ”にはバンドエイドが必要。

指にまくような小さなサイズのものでは間に合わないので、

大き目のサイズのものを用意しました。

帰りにモデルさんから一言言われた・・

あれでは大きすぎます! ドキッ! ~。~

コメントは受け付けていません。