差別とまではいかなくとも・・

ヌードを撮っていると、差別とまではいかなくとも、

様々な偏見に晒されることになる。

フランスのサロンで展示する際にも、

レストランでもあるから、露出度の少ない写真をセレクトしよう・・

と、ギャラリー・オーナー(兼ディレクター)から提案された。

良識というか自主規制は働いているのでしょうね・・私も納得している。

ただし、ヌードに関する法規範や社会規範というものは存在しないようだ。

表現の自由はしっかり守られているのだろう。

偏見とか差別がなぜ生まれてくるか?というと・・

人にはそれぞれ「常識という枠」がある。 

その「枠」を鎧(よろい)のようにして我が身を守りながら生きている。

「常識という枠」の外側で起こる事態に遭遇すると、

”非常識だ!”と言って、嫌悪感を抱き、時として攻撃するに至る。

そもそも、「枠」という「くくり」に問題があると言ってよい。

くくって良いのは数学の因数分解だけ・・。

国家、人種、宗教、地域などでくくれていることから、

ほとんどの争いごとが起こっている。

困ったことに、知性レベルが低く単細胞な人ほど、

くくれることによって、より行動的になり、熱狂的にもなりうる。

「お国のため・・」という「くくり」で多くの人命が失われたことは

75年前とはいえ、そんなに昔のことではない。

21世紀になり、明らかに時代は逆行している。

人々は「新たなくくり」を求めるようになってきた。

一国主義、ポピュリズムなどの台頭を止められないようなのだ。

(20世紀後半から始まったグローバリズムの反動もあるのだろう)

11月にはアメリカの大統領選挙がある。

トランプの圧倒的不利が予想されているが、

私はトランプが勝つと思っている(望んでないけど・・)

だからと言って、バイデンでもまずいでしょ・・

本題に戻りましょう・・

画像に限らずビデオなども含めて、

性的好奇心ばかりを煽るものがこの世には溢れているし、

コンビニ行けば、(可愛いでしょ!と媚を売る)ピンク色の雑誌が並ぶ。

造形美などを深く掘り下げた視覚的好奇心へ、また、

ストーリー性、様々な知的好奇心へ導く「作品」も少なからず存在するものの、

世の8割がたの人たちは、それらの区別がつきません。

純粋な目を持った人たちには「アート」であっても、

曇った目を持つ人たちには単に卑猥なものであり、

このように、公開して載せることに批判的なのでしょう。

例え、男性が女性ヌードを撮ろうが、

フォトグラファーにとっては、作品は常に「自画像」です。

女性ヌードをとおして、「自己表現」をしてます。

まともなフォトグラファーが、

性的好奇心ばかりを煽る「自画像」を載せるでしょうか!?

コメントは受け付けていません。