醜い自分、恥ずかしい自分

作品というのは、百人に1人とか、千人に1人共感者がいれば

それだけで十分(作者としては)満足できる話で、

まして、ネットが広がることによって、世界中の人の目に晒されるわけで、

千人に1人としても、ネットユーザーが20億人いれば、

この地球上に200万人の共感者がいることになりますね。

僕の作品なんかは、ちょっと偏屈な変わり者にしか伝わらないことも多く、

ネガティブになることもありますが、

それでも、FBだけでも2万人のフォロアーがいます。

これから写真を始めてみようという人がいるなら、

上手な写真を撮ろうとか、他人に褒めてもらおうとか、考えず、

ただひたすら醜く恥ずかしい写真を撮り続けたらよいと思います。

例え、モデルを撮ろうが風景を撮ろうが、作品は「自画像」ですから、

醜い自分、恥ずかしい自分と向き合った方が良いです。

アートの世界では、醜いも美しいもほぼ同じ意味を持ちます。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中