model : 杏莉 百音 (Anri Mone)

Galerie#1317 にて撮影
model : 杏莉 百音 (Anri Mone)
stylist : Junko Horiguchi

印象派の肖像画のように見えますね、写真なんですけど。

質感がざらついてるのは、画質を落としいるんじゃなく、好きでやってること。

エッジを立てているのも同様。

写真も絵も同じなんですが、

上手いか?下手か?のレベルで観ている人は、

この写真は、たぶん、下手かイマイチくらいに思うんでしょうね。

どうしてかって言うと、

背中のラインが肩まではうっすら見えるけど、

それより下は、背景の暗さと重なってラインが見えない。

上手いか?下手か?を言う人の多くは、

そのラインが見えるように撮った方が良いし、

また、描いた方が良いと考えるのでしょう。

実は、原画には、背中のラインはしっかり写ってましたが、

編集の過程で、消してしまったのです。

その方がよりミステリアスに見えるでしょ、

ただ、それだけです。

コメントは受け付けていません。