ギャラリーで撮影

ギャラリーで撮影

連休が明けても、土曜、日曜、祭日はギャラリーは開けてます。

14:00~18:00

ギャラリーを閉めた後のワンショット。

既に2度も来ていただいた方、

僕のファンだと言って、自転車で来られた方、

告知を知って尋ねて来られた方、

それから、近所を通りがかったからという方々。

散歩に出ても行く当てのない方々に寄ってもらったら?

との思いで、近所に住む方々のためもあって、再開した展示会。

まぁ、本当のところは、いつまでも受け身であっては仕方ないから・・

という考えから。

皆がマスクして、何かに怯えながら・・という日々は

今年いっぱいは続くのでしょうか。

マスコミがいくら危機感を煽ろうが、

50歳以下の人たちにとっては、

季節性インフルと同じかそれ以下の脅威にしかならないことは周知の事実。

不謹慎を承知で言えば、生産性のないお年寄りのために

いつまで経済活動を犠牲にしなければならないか?

人の命が何よりも大切と言うなら、

倒産、破産、失業による自殺者の命も取り返しがつかない。

命の尊さを生産性のあるなし、

余命の差で測るのは”乱暴”なことであるのは分かっているが、

どちらを選択するか?は、

既に多くの人たちは”暗黙の了解”として決めているのだろう。

ある種の”麻痺”も蔓延してくるのだろう。

数年先に、「あの時は仕方なかったから・・」という言い訳を

用意しているのだろうか。

日本という国は誇れるところもたくさんあるが、

誠実でないことも平気でする悪癖・悪習もある。

見て見ないふりもするしね。

長い物には巻かれろ・・的思考、

既成事実が先行すれば、その結果がどうであれ、追従する。

○○委員会なるものが、首相の緊急事態宣言をサポートしているなら、

その委員会には、数値を示しながら、客観性のある説明責任はあるはず。

外出制限をするなら、それは基本的人権にかかわること。

なぜ、納得できる説明をしないのだろう?出来ないのだろう?

コメントは受け付けていません。