天才コメディアンの死

天才コメディアンの死

私と彼(天才コメディアン)とは、生年月日が数日しか違わない。

だから、彼の死は他人事ではないのです。

いつ自分の身にも起こるか・・という意味で。

ネットではほとんど紹介されてない”少々不謹慎”な私見を書き記したい。

例年、インフルエンザ(ウイルス)に感染する人は1000万人~2000万人、

その内、亡くなる方は3000人~5000人(もちろん、高齢者が多い)

今年はインフルに感染された人も少なく、

死亡者も約1000人と例年よりかなり少ない。 

現時点でコロナに感染された人は3000人に満たないし、

亡くなった方は100人もいない。 

そう考えれば、現時点ではウイルスに感染された人も

亡くなられた人も例年よりずっと少ない。

コロナの場合、

無症状の人、軽症の人は感染者としてカウントされることもなく、

感染者の実際の数は分からない。 分かるのは、死者の数だけ。

今年、ウイルスが原因で亡くなられた人は、

現時点では、例年よりずっと少ない。

その意味では、高齢者にとって、今年はラッキーな年かもしれない。

   ・・・ そんなに恐怖を覚えることもないはずだ。

今後、どのような展開となるか分からないが・・

若年層での死者も出ている・・というニュースが流れる。

基礎疾患のあるものは、年齢に関係なくリスクは大きい。

多くの若者にとっては、鼻かぜ程度で全く安全、

感染してても無症状な若者は、

自覚症状もなくウイルスを運ぶのだから、かなり危険な存在。

私の年齢の人間にとっての ”死に至るリスク ” を多い順に並べてみよう。

(1年間・365日に起こるだろう)確率を試算すると、

癌や循環器系の病が原因となる・・・2%

階段を踏み外して頭部打撲などによる不慮の事故・・・1%

エコノミーでEUまで行き来するなどの過労が原因・・・0.5%

このまま、コロナが蔓延し感染により死に至る・・・0.1%

私の年齢ともなれば、毎年3~4%のリスクを背負って生きていることになる。

100本のくじがあって、その中に外れくじが3、4本ある。

  いやだいやだ・・

こんなところが、”妥当”な数字ではないか・・と思う。

私は基礎疾患はないので、感染しても重症化することもないだろう。

私が死んじゃうようでは、日本の人口は20%減となりそうだ。

まあ、”お荷物”がいなくなると思えば、それでも良いのだが・・

コメントは受け付けていません。