Anna in Tokyo 2018

Anna in Tokyo 2018

ヌードアートについて・・

絵画であれば、民主国家を名乗る国であれば(例外はあるけど)、

ヌードは問題にはならない。

ただ、写真となれば、途端に制限が出てくる

2015年のイスタンブールの展示会では、プラカードを持った

イスラム原理主義の人たちのデモが1000人ほど押し寄せたが、

ギャラリーオーナーのベドリ・バイカム氏の冷静な対応もあって、

事なきを得た。

その後、彼はユネスコの現代アートの議長になられた。

2016年、中国に招待されたときも、いつも通り、ヌードを持ち込んだ。

当日は、スポットライトがあたらず、ほとんど見えない状態にされた。

主催者側の責任者と話し合ったて、状況は少し良くなったが、

そのことが原因なのだろう・・その後の招待は来ない。

ところが、来年の10月に、他の団体から「公演の依頼」が届いた。

会場では、写真の展示もすることになる。

これから、詳細を話し合うが、

展示画像のセレクトでは、譲るつもりはないので、破談になりそうだ。

今、展示開催中のサロンでは、レストランでもあり、

ディレクターと話し合い、少し考慮しようということになり、

ここに載せてる画像は(用意していたが)セレクトしなかった。

来年は、EUで3カ国での展示が実現できそう。

それぞれの国で、それぞれの会場の状況により、

セレクトすることになる。

「お上の御達し」的なことをされると、受け入れないが、

そうでなければ、柔軟に対応していこうと思っている。

コメントは受け付けていません。