「後ろ姿」

「後ろ姿」

生き急がないで

立ち止まって私を見て

モタモタしないで

私を切り取ってガクの中に閉じ込めて

貴女はいつだってそうやってわがままで困らせるんだ

その後ろ姿で

僕は後を追って走りたくなる

前を行って道を作りたくなる

貴女から目が離せなくなるんだ

色んな角度から貴女を見たくなる

でも貴女はわがままで気ままだから

気付くと居なくなっていて

僕は途方に暮れる

何日も何日も

もしくは何年も?

貴女を追っている僕かいる

あの時貴女を閉じ込めておけば良かった

人間味のある貴女に恋をして

貴女の後ろ姿から目が離せなくて‥

今は何処にいるのかわからなくて

林の中を亡霊を追いかけるように

探りながら走っているんだ

枯れ木に当たりながら

いつかまた貴女が現れるような気になって

ずっとずっとあの時の後ろ姿を追っているんだ

作:まや★

コメントは受け付けていません。