モデルと写真家の関係

モデルと写真家の関係は、役者と監督の関係と似ている

台本を渡された役者は、撮影前に既に役作りをしてくる

それと似たように、写真撮影もコンセプトが決まれば、

モデルは、そのイメージ作りをしてくる

問題なのは、モデルと写真家の相互に作るイメージが

甚だしく隔たりがある場合

撮影の回数を重ねながら、お互いに歩み寄るしかないこともあるし、

モデルによっては、注文も出さずに、こちら側から合わせることもある

また、詳しく説明しながら、こちらからモデルに理解を求めることもある

この撮影の場合は、「浮世絵」のような作品にしよう!

というのが、僕の求めるコンセプト

「表情もポーズもカメラ目線にならない」

    ・・これは、いずれの撮影でも同じ

「顔は無表情で、意識した作り込んだようなポーズはしない」

”絵になってほしい”と言うのが僕の注文

無表情で意識的でないポーズを・・・と言われたら、

モデルとしては、カメラの前へ立ちようがない・・とも思う

そういう無理な注文を出してる自分もいる・・

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中