Paris Photo

Paris Photo (パリフォト)と言えば、世界で最もメジャーな写真祭

パリという街ぐるみで、ギャラリーやサロンなどが写真の展示会場となる

フランス(パリ)の文科省指定のギャラリーで開催されることもあれば、

指定とならないところもある。 

僕が出展するのは、指定ギャラリーと、指定ではないがサロン。

指定ギャラリーでは、多分、10作品前後、

サロンは個展で20~30作品くらいになりそう。

僕の勝手な解釈では、昼間はギャラリー、

夕方5時から深夜2時まではサロンで・・ということ。

どちらも開催日数は30~40日くらい(11月初旬から12月中旬まで)

ギャラリーはグループ展で、サロンでは個展。

サロンで個展が出来るとは、5年前の自分からは想像もできなかったこと

僕には”夢”はないので、夢が叶ったとも言えない。

きっと、大きな節目なのだろう

来年もまた形や場所は代われど、同様な機会を得られるかどうか、

全力で走るしかない  身勝手ながら、失うものはない

ここ10か月は、編集だけでも一日6時間以上をかけてきた、それも毎日

仕事と寝る時間以外の全てを費やした気がする

全てを犠牲にしてきたとも言える、我がまま勝手ここに極まる。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中