作品としての着地点

今回の撮影は展示会のための「作品」を撮っている。

ポートレイトとしてのモデルの個性を撮っているわけではない。

どちらかと言えば、無個性な人物撮影になっている。

 

その人の”生き様”を写し込もうと試みることもあれば、

アート作品としての無個性な”表現”を求めることもある。

今回の撮影は大きな節目としたいので。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中