For to tell the truth

For to tell the truth

私はここに嘘は書かないが、真実をすべて書いてはいない

当然のことではあるが、本当のところを書けないことは多くある

他人のことであれ、自分のことであれ・・

ところで、普段は書かないことに少し触れてみようと思う

これは私自身のことである

もともと、写真は趣味の範囲でやって来た

あるとき、突然、展示会へ出るようになった

その作品は高額な金銭で取引される

ここから、プロとしての作家活動が始まった

それまでやって来たように、アマチュアとして好きなようにやってきたことと

プロでやっていくことに、そのこと自体は何ら矛盾はない

ところが、今後、EUでの企画展をひかえ、

目の肥えたコレクターの目に留まる作品創りを強いられる

真の意味でのプロとしての在り方を問われることになる

クオリティーの高い良い作品であると認められることは

さほど難しいことではないが、

買い手が1枚の写真へ高価なお金を出すかどうかは別次元の話である

展示会として、”芳しくなければ” 次はない、

ギャラリーからのオファーで成り立つ企画展とはそういうもの

傍から見れば、羨ましい状況であるかもしれないが

当の本人にとっては死活問題である、生きるか死ぬかなのだ。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中