武藤昌平

武藤昌平 作品

多摩川沿いを散歩した
時系列は不鮮明だが
朧な記憶を反芻しては
とぼとぼと歩いた
北風が強かった
黒い小型犬を三匹連れた婦人が
烏の群れを罵っていた
へら鮒釣りに恋い焦がれ
足繁く通った砂利穴が
工事用ネットで囲まれていた
鵜と白鷺と鴨が風に揺れ
波立つ水面で寄り添っていた
川岸は風化し無色無言だった
三万歩あるいて部屋に戻った
こんなに歩いたのに
一歩も過去へは戻れなかった

   ・・・ (文)武藤昌平

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私は以前からこのお方(武藤昌平)のファンである

作品が、心地よく美しいからだ。

私は今、世田谷区に住んでいるが、

以前は神奈川県中野島に10年ほど住んでいた

休日の午後には、多摩川の稲城辺りの神奈川県側をよく散歩した

住む場所も散歩するエリアもよく似ている

年のころは、僕の方が少し年上かもしれないと思っている

ここに私は、アーティストのあるべき姿を見る

彼の存在は、何よりも励みになる。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中