写真家・蔡元

 

この方を紹介するとちょっと長くなる。 初めてお会いしたのはフランスのアルルの写真展にて。 この作品は、展示されていたもの。 彼が借り切っていた会場に招待されて、「気に入った作品があればプレゼントしたい」と言われ、「あれがいい・・」と言ったら、マット付きの一枚を頂いた。後で聞いたところによると、8000ユーロとのこと。 写真にネームが入っているように、蔡元氏。 作品を観て「天才だな!」と思った人は数人いるが、この人はその中の一人。 まぁ、13億人もいれば、天才の一人や二人はいるもんだと、素直に思った。

その後、日本に来られた時にお会いした。Photo in Beijing に参加要請があった。東洋にも、世界的規模の写真祭を開催したいという・・野心がおありのようだ。 写真協会の理事でもあるし、国家的なプロジェクトであることは十分に想像出来る。 ところが、僕が持参した作品はヌードばかりで、文化庁などからのクレームですったもんだした・・ヌードがNGであることは十分想像できたが、ここで譲るわけにはいかない・・その後、参加要請は来ない・泣。 

写真祭期間中は、彼のスケジュールに合わせて、食事や撮影などをした。 昼食も夕食もフルコースで、驚いたことに、入った店はすべて彼の経営する店。 彼は、元々が料理人だったらしい。 通訳をはさんであちこちを撮影して回った時は、プレビュー画面を見ながら、僕が「いいね!」のサインを出すと保存していたが、首をかしげると削除していた。 天才であれば、頑固なものだ・・と思っていたら、素直な人もいるんだと。

最後に、このような写真にするにはどのような工程を経ているのか聞いてみたが、よく理解できなかった・・というより、通訳が難しかったのだろう

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中