和をテーマにした撮影の難しさ

この写真は、京都で花魁の衣装で撮影できる「舞香」で撮ってます

スタイリストのセンスが抜群で、衣装も素晴らしい

着物や背景などもすべてひっくるめて、

和をテーマにした撮影が難しいのは、いかにして、彩度を抑え込んだ照明ができるか?

また、編集段階で色をどのようにして調整するか?

”手に負えない”ときには、消して他の色に置き換えることもする

一歩間違えれば、はっちゃめちゃな、とんちんかんな「絵」になってしまう

ところで、この「絵」に関して、色彩に関する絵画的な思考を始めてみよう・・

ピカソが「夢見る人」を描いた当時の絵にアンカー的な役割を担っていた「色」がある

サッカーで言えば、アンカー的な役割を担うポジション(今年のW杯では長谷部?)がある

様々な個性を生かし、緩衝するような働きをする

この時代のピカソであれば、「グレーっぽい濃い紫色」

この色の置き方こそが、その絵画のくさびとなり、ピカソのバランス感覚に収まりをつける

ところで、この「絵」関しては、

ワシリー・カンディンスキーの初期の色彩を思い浮かべてほしい

ワシリーのアンカー色は「白」であり、襟の白が同様な役割を担っている

赤、青、黄色、黒などの主張の強い色に見事に襟の白がアバンスを与えている

それから、この「絵」には”胆”になる色彩が入っていることをお気づきだろうか

べっ甲色の簪の後ろに見える「明るいブルー」です。

この部分に指を置いて隠してみてほしい、そうすると、単に美しい絵には見えるが

特別な絵には見えない

この「明るいブルー」は視覚には入ってこないが、

この絵を確実に特別な絵にしている

白黒画像においては、影の出来方の美しさが基準となるように

色彩画像においては、アンカー的な役割を果たす色(部分)があり、

視覚的には気が付かないでいるが、

その絵を特別な絵にしている”隠れた色”の存在があることを知っておきたい。

 

 

和をテーマにした撮影の難しさ」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: Japanese Culture [Oiran] – tetsuro-higashi

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中