馴染めないこと、いろいろ・・

自分の写真がどう評価されるか?少なからず気にはなる

アート作品として評価れるのか、とれとも、写真としてなのか

特に海外では、アート作品としての枠では、絵画と写真を区別してない。

同じ「picture」だからなのだろう(この分野ではそれなりの実績はあるつもり・・)

ところが、難しいのは・・・

純粋に「写真」というカテゴリーで扱われる場合だ

この作品に関して言えば・・

ヨーロッパで展示すれば、それなりの評価は得られそうだが

国内では、スルーされそうな気がしないではない

今年の秋から来年にかけて複数の展示会をするつもりでいる

ただ、会場がこの国・日本なのか、北京なのか、はたまたヨーロッパなのか、

その会場に合わせた展示作品にしたいと考えることはしごく当たり前のことである

中国では、ヌードはNGであり、

この国の「写真というジャンル」にはどうしても馴染めない

まぁ、写真のジャンルに限らず、

社会の慣習、人間関係の在り方などにも馴染めないけど・・。

 

 

 

コメントは受け付けていません。