Photo in Bejing 2016

Photo in Bejing 2016  出展作品から・・

東京ドームような巨大な会場で展示会が開催される

出展者は、規模は様々だが数百人

外国人枠での出展者は、フランスの写真協会理事長と僕の二人だけ

当然のように、理事の作品も僕の作品も(人物が対象となるので)ヌードが基本

どういうわけか、僕の作品だけはスポットライトが暗くなっていて、観づらい

理由は ”過激” だからなのでしょうね・笑

最近は特に独裁色が強くなっているようで、

日本との文化交流にも制限が設けられているもよう

行政が文化交流に介入(制限)してくること自体が問題!

特に嫌われているのが、日本、インド、韓国らしい

インドとは現在もカシミール地方での紛争を抱えているし

発展途上国として、人口、経済成長、軍事力など、ライバル関係になっていること

韓国は、大国中国の(半島)属国でしかなかった歴史があるようで

日本の場合は、僕の想像では、”民主化” 運動への影響が大きいことかな?

反日教育がなされてるにもかかわらず、中国の若者たちの日本びいきは顕著だもんね

北京へ行ってみればわかるよ・・

だから、外から見る中国と、その内部(特に将来を担う若者)の実態は別物。

一帯一路だとか、、、

蒙古がユーラシア大陸のほぼ全域を支配下に入れた時代を思わせるような

誇大妄想的な思考はどこから来るのか?

将来は、アメリカと中国が世界を二分するような覇権争いになりそうだとか?

権力にそこまで拘らせるのは何なのか?

本気になって競い合うのは、オリンピックと2か月後のワールドカップだけでいい

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中