Festival Europeen de la Photo de Nu (06 ~ 16 May 2016, palais de l archeveche arles, France)

もうそろそろ、この展示会も2年前のことになる

それまでは、イスタンブールでの展示会へ2回ほど出展

このアルルでの展示会は世界的な(5大)メジャーな展示会の一つであることを知らされ

かなりの緊張感があった(僕もそれまで、この展示会の存在すら知らなかった)

パリフォトが商業的な意味合いが濃く、

こちらは作品展示会として、地味ではあるがアート作品に限られる

街全体のあちこちの会場で写真展が開催され

メイン会場(宮殿)の一室を与えられ、26作品の出展となった

パリからTGVで地中海方面に5時間ほど下がったところにアルルという街がある

ゴッホやゴーギャンがアトリエを構えたところとしても知られる

すぐ隣り街での「カンヌ映画祭」は、日本でも知名度は高いが、

「アルルの写真祭」のことを知る人は少ない(・・このことは日本国内だけの事情らしい)

これまで、日本からの出展者は僕が2人目とのこと

この時、フランス写真協会の理事が写真祭全体を仕切っていたことを知った

それから半年後に、北京写真祭へ外国人として彼と僕の二人が招待された

もちろん、展示作品も持参した

この時に、「アルル写真祭」の出展者選抜の基準というか、選抜過程を尋ねたが

はっきりした答えは返ってこなかった

フランスの関係者の話によると・・

かなり強力なフォトグラファー、キュレイター、ギャラリーなどの推薦があり

その中から、メイン会場(宮殿)には7人が決まったとのこと

もともと、僕をネット上で ”発掘” したのはフランスに住むキュレイター

イスタンブールでの(僕の初めての)展示会に招待したのは彼

彼は大使館を通して僕にオファーをかけてきた

なぜ、大使館を通してきたか?というと、そのオファーを僕が無視してきたからだ

それまでにも、海外のギャラリーなどから多くのオファーはあったし

またか・・みたいな感じで流していた

本気度を示すために大使館を通してきたのだと思う

「世界の7人展」なるうたい文句でメッセしてきたので、僕が本気にするはずはない

その7人の名前を知らされて、またビックリ

世界的巨匠2人の名があり、また、ヨーロッパでは知られる写真家の名前が並ぶ

地球の裏側に位置する島国から、無名な写真家?1人にオファーがあったことになる

なぜ、僕なのか?

当時、写真を始めて4年目、フォトショップの使い方も分からず(今も、よく分からない)

カメラに関する知識もほとんどない(いまだによく知らない)

他人の作品を観ることはあっても、比べるようなことはないし

また、参考にしようとも思わない(が、他人の作品の素晴らしさに嫉妬することはある・笑)

自分の好きなようにやっているだけ・・

”専門家” が「いいね!」というから、たぶん「いいんだろう・・」と

この先、どのような方向へ展開していくのか?

一度、「アルルの写真祭」のようなメジャーな展示会へ出てしまうと

その後が難しい

最近やっと「試行錯誤というトンネル」を抜け出しつつある

「絵」は見えている、それを形にするだけ

これが、人生最後の試練になりそうだ。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中