「絶望という名の滑稽さ」

「絶望という名の滑稽さ」

人は、絶望の淵に立たされようが
傍から見れば、そこそこ滑稽に映っているに違いない

それは、初めてフランシス・ベーコンの作品を観た時の衝撃にも似ている。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中