1%に伝わればよい

アートというのは、誰でもわかるということはない

100の人がいて、

その中の1人の人がとっても良い!と思ってもらえば、それで十分なこと

ただ、自分さえよければそれでよい・・と言うのは違うような気がする

誰かには伝えたいという意思がなければ、

その作品そのものの存在意味を失う

開いて生きなければならないと考えることには無理があり

だから、閉じていても良い・・と言ことにはならないことと同じ

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中