作品撮り

ここでは、モデルの心得としての「作品撮り」について考えてみます

もちろん、私の撮影において・・

女性モデルであれば、主演女優として映画の一場面を想定してみるとよいです

女優であれば、ストーリーの主人公になりきってもらうと良いです

カメラがどこから向けられているか?などは意識しないこと

また、撮られ方を考えないこと(撮り方を決めるのはフォトグラファーのやること)

ストリーを描きながら「演じてみる」こと、また、ある種の感覚表現に入っていること

いずれの場合も、「可愛く撮られよう・・」とか「セクシーに・・」などはNGです

女性がヌードもしくはそれに近い衣装であれば、

可愛くセクシーであることは自然なことですからね(グラビアのような写真にならないように)

ところでこの写真、ちょっとグラビアっぽい印象もありますが

そこそこ・・だと思います。

 

 

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中