ワールドな感覚「作品撮り」

ヨーロッパ的な感覚からすれば、

こういう写真が「作品撮り」として評価が高いのだろう

また、コレクター好みなのだろう

彼らが大切にしてるのは、

写り込みの美しさは当然として、

ストーリー性への拘りなのかもしれない

壮大な人間模様、

時には、ちょっとマニアックな性癖さえも”絵”にしてしまうような・・

そんなストリーの序曲であるような・・

写真が好まれるようです

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中