model : Uchiyama Anna

自然の中で撮影してると、難しいことがたくさん生じる

F値は1.4 , かなり解放の数値にしている

したがって、ボケ方は大きい

ここで問題となるのが、焦点が人物と近い位置にあるところは鮮明に

遠くはかなりボケ具合は大きい

その落差が大きいというか、中間距離にある木々や葉がない

段階的にぼけていかないと違和感が生じる

とはいえ、最も気を遣うのはモデルにあたる光の方向と強さ

自然光だけの場合、真昼の撮影は白はねするので、避けるべきで

夕方の撮影では、森の中では光の入ってくるポジション探しと

被写体をとらえるカメラ位置が厳しいね

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中