rough retouch

写真というのは出来る限り高画質でブレのないものが望ましい・・

と、考えている人たちは多い

風景写真であればその通りなのであろうが、

ポートレイトではそのような「常識」は排除した方が良い

プロであれ、アマチュアであれ、

記録することを念頭に置くと、上手に撮ることが優先されるし

ニコパチであれば、綺麗に可愛く撮ることが被写体になった方にも喜ばれる

上手に撮ることは自己満足を促し、可愛く撮ることは被写体を喜ばせる

ちょっとましな展示会へ行けば、

上手な写真、可愛いだけの写真などを(観に来る者は)誰も望んでいない

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中