Koray Erkaya

ここでは、他者の作品を展示することはめったにありませんが、

コーレイ・エルカヤ(Koray Erkaya)氏の作品。

画質が良くないのを載せてますが、実際の作品はもっとクリアで美しい。

彼の住むイスタンブールだけでなく、広く知られるアーティスト。

今回のTotally Naked 展での出展者の一人です。

人の内面には、男の部分と女の部分は存在する。

ところで、この作品は外面の部分からジェンダー(gender)の問題と正面から対決している。

一週間だけしか滞在してない僕にとって、イスタンブールの社会的背景を論じることは出来ないし、

まして、イスタンブールはヨーロッパ側の大都市であり、トルコの大部分はアジア大陸に位置する。

この画像が、トルコで、また、世界でどれだけの問題提起をしたか?は現時点では分からない。

性(sex)の問題は全ての人に共通するテーマであり、

同時に、社会的な固定観念や既成概念などから、偏見と差別など様々な問題を含む。

作品は常に自画像であり、また、自己を透して人本来の在り方と正面から向き合っている。

この作品をこれほどまでに美しく魅せるのは、

コーレイ・エルカヤ(Koray Erkaya)氏の潔さと正面で向き合う精神性に裏付けされていると思われる。

・・・・・ ”Totally Naked” at Piramid Sanat より

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中